プラセンタの副作用

医療機関でも使われるプラセンタの高い安全性

美容や美肌効果の期待できるプラセンタは、美容目的で使用されることが多いのですが、健康に対しても幅広い治療効果が見込めるため、 医療機関でも医薬品として扱われています。 注射や内服薬などが多くの医療機関で使用されていますが、肝機能の改善、体質の改善、更年期障害の治療、疲労回復などの医療目的で、 50年以上前から利用されています。

最近になり、その美容効果にスポットが当たり、プラセンタ注射は厚生労働省からも認可された美容法として確立されました。 ヒトや動物の胎盤から抽出されるということもあり、使用後の副作用を心配する声も少なくないようですが、 過去にプラセンタの副作用が問題視されたことは、現在のところ一度もないといわれています。 このことからも、プラセンタによる副作用の危険性はとても低いといえると思います。

高い品質管理意識と徹底したチェック機能

プラセンタは副作用の危険性が少なく安全性の高いものであるという理由として、その製造過程も挙げることができます。 プラセンタの製造過程のなかでは、抗原対抗反応を利用した感染エキスの混入チェックを徹底しておこなっています。 この感染症対策は、製剤を製造している人に対しても徹底的におこなわれて、商品が完成された後の品質管理に至るまでしっかりとチェックされます。

胎盤には大量のホルモンや血液が含まれていますが、製造過程で100パーセント取り除かれるため、 プラセンタ商品やプラセンタ注射などに、ホルモンや血液が混入しているということもありません。 血液やホルモン以外にも、細菌やエイズウィルス、B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、 プリオンといった感染病原体が混入していないかを確認する検査もしっかりとおこなわれています。 このように、プラセンタに関連する商品や薬品などは、利用者が安心して使用できるための、万全な品質管理と感染症対策の環境を整えています。

どうしてもプラセンタの副作用が気になる人は・・・

副作用の危険性がたいへん低いプラセンタですが、100パーセント副作用が起こらないというわけではありません。 体質や体調にもよりますが、プラセンタを使用して副作用を引き起こした人には、腕が重たく感じられたり、 注射した箇所にかゆみを感じたという人もいます。

しかし、副作用の症状としては軽微なものがほとんどで、こうした副作用の症状も半日程度で解消されるケースが大半ということです。 プラセンタは、安全に関しての高い評価を得ていることは間違いありません。

それでも、プラセンタを摂取したいものの、やっぱり副作用には抵抗があるという人も少なからずいることでしょう。 そのような方は、プラセンタを使用する目的を明確にして、摂取する前に医師とよく相談することをおすすめします。 使用方法や1日の摂取量などをきちんと理解して、それを守って利用することで、副作用のリスクは極力抑えることができると思います。

定期的にエネルギー補給